© 2018  AT's Note by GARP. All Rights Reserved.

 
  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon

お問い合わせ |

:

 

#7 病院での診察で聞いておきたい事

2018/08/26

 

スポーツ中に何かケガをしてしまったら、病院(主に整形外科)で診察を受けると思います。
なかなか行く機会がない病院なので、診察を待っているだけで少し緊張してしまいませんか? 私は学生時代かなり緊張していました(笑)


そして診察室に入って触診されたり、場合によってはMRIを撮られたり、最後に医師の前に座って結果を聞く事になる訳ですが、状態を説明されて「2週間安静にして下さいね」と言われて終わり。
というケースが多いんじゃないでしょうか?

 

「説明を聞いて終わり」ではもったいないのです。
私も学生に受診を勧めて、後日診察結果を聞く場合が多いですが、「どんなケガか」と「安静期間」の2つしか聞いて来ない場合がほとんどです。色々聞いてきても、忘れてしまったりも有ります。

 

そこで今回は整形外科を受診した際に担当の医師に聞いておきたい事について書いていきます。

 

 

 

 

 

メモ帳あるいは携帯のメモ機能を準備

大事な情報を聞く上で、メモを取る事は大切ですよね。忘れてしまったら意味がないので、必ずメモを取れる準備をして病院へ行きましょう。

 

 

 

「どこを」「どのように」ケガしているのかを詳しく聞く

ハムストリングス(もも裏)を肉離れしてしまった場合、「内側と外側どちらの筋肉なのか?」「損傷のグレード(Ⅰ〜Ⅲ)は?」などが挙げられます。

膝の半月板であれば「前方・中央・後方のどこか?」

 

 

 

やっては「ダメ」な動作や負荷を聞く

安静と言われても学校や会社、バイトなどの日常生活で動かないと行けない場面は多々有ります。やっては行けない動作やかけては行けない負荷を理解しておく事は、再受傷や症状の悪化のリスクを管理する上で非常に大切です。

 

 

 

やっても「良い」動作や負荷を聞く

安静と言っても、骨折のように骨がある程度癒合するまで動かさない方が良いケガもあれば、捻挫や肉離れの様に一定期間を過ぎたら少しずつ動かした方が良いケガもあります。全く動かさない方が良いのか、少しずつ動かした方が良いのか、どんな動作や運動だったら少しずつ始めて良いのか、などを確認しましょう。
当たり前ですが、患部外のトレーニングはしっかり行いましょう!!

 

 

病院の先生にいろいろ質問したら失礼かな?迷惑かな?と思ってしまう気持ちは分かります。私も学生時代はそう思ってましたし、聞いた事はありませんでした。
しかし何もせずに過ごす2週間と、少しでも出来ることをやりながら過ごす2週間では大きく違います。少しでも気になることがあったら担当医に質問する事をお勧めします。何か質問して嫌そうな顔をしたり、ちゃんと答えない医師はいないと思います。

ちなみに、私は病院が嫌いなので熱が出ても病院へは行かない人間です。

 

少しでも「いいな」「役に立つな」と感じていただけたら、シェアして頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

シェア
ツイート
Please reload

関連記事

 

 
Please reload

最新記事
Please reload

​カテゴリー
 
Some elements on this page did not load. Refresh your site & try again.

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square